【中毒性あり!】本当に面白い海外ドラマ

Hulu,Amazon,TUTAYAで、海外ドラマ中毒中のadosolが、面白い海外ドラマを紹介します。

ネタバレ「デイ・アフターZ」シーズン3

Huluでシーズン3配信されました。メロドラマ路線多めの今シーズンを整理しておきます。やや長文に...。シーズン1,2のネタバレはコチラ

 

ドラマは、感染により隔離された地区の外で始まります。どうやら軍が介入したらしい。インガは抗ウィルス薬を開発する研究所の責任者になります。ロボダ(生きてた...)も研究所で働くことに。そしてインガに夢中に。

ヴァレーラは普通の生活に馴染めず、恋人カーチャの勧めもありカウンセリングを受けます。カーチャは報道番組の司会に抜擢されます。番組でインガとロボダにインタビューすることに。2人はウィルスと戦う英雄の様な扱いです。ヴァレーラは「世間はゾンビのことをまるでゲーム感覚で騒いでいる」と。2人は溝が深まり別れることに。ヴァレーラはカーチャから隔離地区への通行証を奪い、ロボダを殺す考えです。

謎の男アンドレイは政府保安庁の人間で、ニーカと婚約し、ニーカを保安庁の補助員として採用します。しかしニーカは、傷ついているヴァレーラに惹かれます。2人が愛し合っているところを、カーチャが影から目撃。嫉妬のため、通行証を盗まれたと報告。通行証を使ったヴァレーラは逮捕されますがアンドレイの口利きで釈放。

サーシャはハッカー仲間・チモンを探しています。その妹クリスティーナと知り合い一緒に暮らすことに。エクスタシー社の副社長に「チモンの情報教えろ。社の重大な情報を公開するぞ」と。これによりエクスタシー社の殺し屋に狙われることに。

ナージャとミーチャも軍に追われ、隔離地区外の村に逃げてきました。そこにはナージャ同様に自我のあるゾンビ2人とその恋人達がいます。しかし隠れて暮らすことが辛くなり、ミーチャは村の友人に皆を紹介します。結局、ナージャとミーチャ以外は殺されます。このことでナージャはミーチャと離れ、独りで隔離地区に戻ります。しかし捕まってしまい、ロボダはナージャから抗ウィルス薬を作ります。

ミーチャ、サーシャ、クリスティーナは3人で隔離地区に潜入します。ミーチャはナージャを助けるために、サーシャは殺し屋対策としてナージャに協力してもらうために、クリスティーナは余命3ヶ月の病気ですがゾンビに感染することで死なない体になるために。そこでヴァレーラ、ニーカと合流します。

今更ですが、巻きます。

クリスティーナは感染後、サーシャを襲います(愛してなかったのね...)。サーシャは謎の組織「グレイシャー66」に助けられます。そこにはハッカー仲間・チモンがいました。

ヴァレーラは研究所に潜入、ロボダに感染させられゾンビ化したインガを射殺、ロボダを拷問しますが、殺さず自首。

ナージャはゾンビ狩り集団に殺されそうになります。反撃して集団を殺しますが、その様子がカーチャの番組で放送され「ゾンビは殺せ」と言う世間の声が高まります。ナージャは「インタビューを受ける」とカーチャを隔離地区に呼び出します。カーチャは軍と取引し「ヴァレーラを自由にして、ナージャ捕獲に協力する」と。インタビューでナージャは「子供を守っただけ。好きでゾンビになった訳じゃない」と訴えます。カーチャは狙撃手の視界に立ち、ナージャに「罠よ、早く逃げて」と。車に乗り込むミーチャとナージャ。しかし、その車が爆発...。
半年後です。カーチャは何者かに射殺されます。ニーカはエクスタシー社が使っていた記憶を消す装置を使い、アンドレイから自分の記憶を消します。そして釈放されたヴァレーラと抱擁。それを陰から見るアンドレイ...。ん?

ミーチャとナージャは無事でした。ロボダ(結局、生きてる...)の助産ナージャは女の子出産。「新しい女王の誕生よ」と。


ロボダしぶといですね~。今シーズン、キューピー...もとい、ヴァレーラはニーカと恋人になりました。シーズン毎に相手が変わる...007方式なの⁈

 ブログTOP

Hulu